安心を手に入れるためには地質調査をしよう

メンズ

温泉は作り方

浴場

温泉開発に関する取り組み

温泉開発は主に温泉があると考えられる場所で掘削を行い温泉を人工的に作るというものです。一般的に温泉といえば自然に湧き出す天然温泉で、またある程度の水温があるものというイメージがありますが、法律的には温度が高くても一定の成分が含まれていれば温泉と名乗ることが可能です。そのため、日本の多くの地域で温泉を掘り出すことが可能で、その掘り出す作業を温泉開発と呼ばれます。温泉は集客力が高いため旅館やホテルなどの宿泊施設が行ったり、都会などでもスーパー銭湯などの入浴施設が集客力を目的に開発を行うケースがあります。特に水温が高い文字通りの温泉が出ればお湯を沸かすための費用が少なくて済むといったメリットがあります。

温泉を開発する手順について

温泉開発の手順としては、まずは地質調査などを行います。日本ではほとんどの地域で温泉が出ますが、地質などによって泉質が異なりますし、掘り当てることができても十分な湯量が確保できないケースもあり、入念な調査が行われるのが一般的です。特に近年は地中内の状態を探索する技術が向上し、高い精度で温泉の有無を調べることができます。その後、自治体に掘削許可を申請し許可を得た上で掘削作業を開始します。十分な湯量のある場所であれば自噴しますが、そうでない場合にはポンプで組み上げる必要があり、地下水の汲み上げのために動力設置申請を行い動力を設置して汲み上げます。その後、温泉利用許可申請を行うことで温泉として提供することができます。なお、温泉開発では温泉が出たあとの管理も重要で、ポンプの交換やスケールと呼ばれる配管内の汚れの除去なども続けて行う必要があります。