安心を手に入れるためには地質調査をしよう

メンズ

飲水を確保しよう

井戸

井戸工事に特徴について

地下水をくみ上げるために行う工事を井戸工事といいますが、その目的は飲料用、農業用水や工業用水の確保というのが一般的です。井戸工事を行う業者はいくつもあります。井戸を掘るための掘削工事の施工には、平研や知識、それに必要な機器類の準備が求められます。また掘削する井戸の種類によって井戸工事の成功内容も異なってきます。打ち抜き式か丸井戸かそれとも深井戸か、などのよって工法が変わり、必要な工期や費用も異なります。最も簡単な井戸工事の基本費用は20万円程度といわれていますが、実際には深さや施工内容によって大きく異なります。井戸の種類によっては100万円以上かかることもあります。したがって、事前に業者からよく説明を受けたうえで、見積りの提出を求めるべきでしょう。

どのような井戸を掘削するのか

もし、飲料用水を確保するための井戸工事であるなら、飲料に適した地下水があることが前提になります。もし、飲料に適した地下水を井戸でくみ上げることができれば、ただで井戸水を飲むことができる、夏は冷たく、冬は暖かい地下水を飲める、水道水が仮に断水しても心配ない、などのメリットがあります。ただし、水をくみ上げるためにはポンプなどのくみ上げシステムを導入するのが一般的です。これらの機械を購入したり維持管理する手間とコストもかかります。万一故障した場合、井戸水のくみ上げが止まる、などの点も考慮しておく必要があります。したがって、井戸工事の結果、地下水をくみ上げることができたとしても、定期的な点検は必要になります。そのため、井戸工事業者に予め保守点検業務を委託しておくことが勧められます。